科学の達人授業


ソフィア堺で、夏休みに「科学の達人授業」という取組みがあります。


東百舌鳥高等学校の先生が講師で、ロボットを自作する授業です。


自分が小学生なら絶対に参加していた!と思いつつ。。


とても素晴らしい取り組みだと思います。


ぜひ、泉州から科学や理系が大好きな子供たちを多く育てて欲しいと思います。


自分もそうでしたが、好きな事は、親が何も言わなくても勝手に勉強すると思います。


今、大事な事は、詰め込み教育でもなく、ゆとり教育でもなく、


子供たちに、「好きな事」「やりたい事」そして「夢」を見つけさせる事。


政治家は、大きなビジョンを持って、そんな教育を実現しないと、日本の将来は無いと思います。
(言うだけの人はいくらでもいますが....)


この授業は地域の地道な取組みですが、「熱い先生」がもっと増えて、社会を動かす力になって欲しいと思い、陰ながら応援したいと思います。



2010年度 小学生向け公開講座 ロボット授業

■主催:財団法人堺市科学教育振興会
■共催:大阪府立東百舌鳥高等学校

※この授業は、地域のこどもたにちに工学の楽しさや科学の面白さを伝えることを目標にしています。


科学の達人授業1「ぷるぷる・テントウムシを動かそう」

科学の達人授業2「サッカーロボットを動かそう」

科学の達人授業3「親子で作るライントレーサー」

科学の達人授業4「親子でプログラムを作りロボットを動かそう」