トラブルの切り分け

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:


パソコンサポートの仕事の中で一番難しいと思うのは、

トラブル・障害の問題の切り分け。

簡単に言うと、「原因を特定する」ということだが、


これが意外に難しい場合が多い。


原因が特定できれば、その対処方法はすぐに調べられるので、勝負がついたようなものだが、


特定できなければ、トラブルを解決できない場合や、一旦治しても、また再発する場合がある。



毎月訪問しているお客様から、事務所のPCが不定期に勝手に再起動するという連絡があった。


ヒアリングすると、その症状が出る少し前に、PC本体から「パン」という音がしたそうだ。


作業時には現象を確認できなかったので、状況から電源ユニットの問題かHDDの問題の可能性を考えて、同型機とHDDを入れ替えして検証。


しかし翌日に、マシンを換えても、また症状が出たと連絡が。


「ということは、HDDか」


と思いつつ、再訪問してHDDを交換し再検証。


でも、何か調子悪そう。。な感じ。


そういえば、マルチモニター環境だったので、グラフィック・ボードも最初の検証時に入れ替えたことを思い出す。


そして、チェックしてみると、


ビンゴ!

20101113-1.jpg

これがその、グラフィックボード。


コンデンサーが破裂している。

20101113-2.JPG

なんで前回気付かなかったんだろう....と反省しつつ、すぐに作業完了。


「パン」という音もこれが原因だったのかも。。



その後、症状は出ず、快適に動作しているそうです。